美容室 独立

美容師が自分のサロンを開業し独立するまで

【美容室】〜独立の手順

辞表を提出する。

まずは、今
在籍している お店を辞める事から。
結局、円満退社なんてありません。
そんな事を認めてくれるような
心の広いサロンオーナーさんなんていません。
特に美容師上がりのサロンオーナーって
経営者と言うよりは
小金持ちになった美容師って感じです。

特に多くの顧客を抱えている人気スタイリストなら余計に辞めにくいでしょう・・

しかし、一生雇われ美容師として働いていても
ずっと安月給のまま。

売上がどんなに上がっても
ほとんどはお店の利益に・・・

本当に潤うのはサロンオーナーだけ。

もし、オーナーがあなたを引き留め様とするなら
売れっ子スタイリストだからでしょう。

逆に、引き留めずにすんなり辞めさせてくれたという事は
あまり
お店の役に立っていなかったのでしょう。

社長の気持ちになってみれば分かると思います。
正直な話
しっかりと売り上げを上げてくれる社員には辞めて貰いたくないと思うのが本音。
逆に、特に売り上げが高い訳でも無く、とりあえず何もせず、文句ばかり言っている様な社員って、とっとと辞めて貰いたいですよね。
まあ、どんな会社にでも居るんですよね。
変化を嫌う社員って。

一番、サロンオーナーが気にする事。
それは
顧客リストの流出です。
難しい問題ではありますが。
基本的に個人情報なので持ち出しは禁止です。

しかし
顧客側からしてみたら
その美容師が
どこで美容室を
独立開業するか知りたいと思うでしょう。

ま〜、顧客は大事ですよー。

特に新店を出す時は。

1人の新規客を獲得するには
かなり努力が必要です。

しかし、顧客なら
ほとんどコストも掛からずに
お店に来てくれます。

常識の範囲内で
顧客に自分が辞めて
独立開業する事を早めに伝えておきましょう。


ナビゲーション

copyright©2016 美容室開業方法〜成功までの道のり  all rights reserved.

サブナビゲーション