美容師を雇う場合の求人方法

求人を出しても美容師は集まらない。問い合わせすらない。

美容師を雇う際の求人方法

今、求人広告を出稿しても美容師は集まらない

数年前までは、求人広告を出せば
それなりに
美容師は簡単に集まっていた。

問い合わせもそれなりにあった。

しかし、今は、問い合わせすらない。

大きな求人誌に広告を出稿しても・・・

求人誌に広告を出稿するにも、数万円〜数十万円のお金が必要になってくるのに。
問い合わせすらないとなると、キツイねー。

美容師求人の最大手
リクエストQJに出しても・・・

特に個人店のサロンには美容師は来ない。

なぜか?

大手の美容室チェーン店で働いた方が楽だから。

それは、美容師も知ってしまったから。

大手サロンで働いている方が
安定しているし
福利厚生もしっかりとしているから。

いままでの
個人経営の美容室は
完全なブラック企業。

ここ数年は、そのような認識になっている。

今までの個人店の美容室は
経営方法が遅れている。
やり方が、酷いと思う。

昔ながらの美容室オーナーは
外車を乗り回し
たまにお店にやってきて
適当に自分の顧客だけ施術し
店長に指示だけ出し
帰っていく。

そりゃ〜、今どきの美容師からは受け入れられないだろう。

昔は、それでも良かったのかもしれないが。
また、わざわざそんな美容室で働こうなんて
思う美容師はいない。

これは、アシスタントにしても同じ事が言える。

最初は、知人に声を掛けよう。

やはり、この作戦が一番良い。

知人、後輩、に声を掛け働いて貰う。

求人に掛かるお金が不要になる。

最も手っ取り早いし、確実。

しかし、最初にちゃんと契約内容を明確にする事が大切。

どんなに仲が良くても
働き方が曖昧になってしまうと
関係性が一気に崩れるからだ。

■お給料の事
■休みの事
■休憩時間の事
■拘束時間

など、面倒だと思うかもしれないが最初にしっかりと決めておく事。

これはとても大切な事である。

働くほうも安心して働く事が出来る。

特に美容室のサービス残業程
バカバカしく思えるものは無い。

「美容師は、サービス残業が当たり前」
「夜遅くまで残って、練習する事が当たり前」
「成人式の日は、早朝に来て当たり前」
と思っている様なら
人は雇わないほうが良い。

今後、面倒な事になる。

なぜなら労働基準法に違反する事になる。

働いている美容師が労働基準監督署に行って
訴えられたら
是正勧告を受ける事になる。

イメージも悪くなるので気を付けなければいけない。


ナビゲーション

copyright©2016 美容室開業方法〜成功までの道のり  all rights reserved.

サブナビゲーション