美容室 内装工事

美容師自身が内装工事を行う事により経費削減に繋がる。

水回りとガス給湯器だけ業者に任せる。

自分で出来る場合は自分でやる

もし今回作るサロンが小さいお店なら
出来るだけ自分で内装工事を行おう〜。
シャンプー回りや、ガス給湯器、以外。

壁塗り。

床塗り。

内装飾り付け。

フロントの台作り。
ちょっとした棚

等々。出来るだけ内装費にお金を掛けない。

それが出来るのが美容室。

セット面の鏡だって
今は、台とセットになっているモノもある。
わざわざ業者に頼む必要もない。

壁に付けるタイプでも決して難しくは無い。

もちろん、お金があれば業者に頼んでも良いと思うが。

美容室は内装が大事だと思われるが
お客さんは
それ程、重要に思っていないようだ。

内装が可愛かったり
お洒落だったり
したとしても
初回来店時ぐらいしか気にしてくれない。
そもそも、内装なんてどうでもよいのだ。

極論。

美容室で一番大切なもの

それは・・・


美容室で一番大切なもの。
それは
「美容師」

「美容師」が高品質なら
オールOKなのだよ。

美容室が
上手くいくか、
失敗するか、
それは、「美容師」の質次第。

お客さんは、今の美容室に何を求めているか?

これを考えてみると良い。

これだけ多くの美容室が乱立している中
お客さんがサロンを選ぶポイントを。

「内装」
と答える人は、皆無だろう。


ナビゲーション

copyright©2016 美容室開業方法〜成功までの道のり  all rights reserved.

サブナビゲーション